医療脱毛とは違う脱毛エステの施術の特徴とは

Menu

脱毛タイプを知ろう

施術台

光脱毛の種類

どんな方法でわきやビキニラインなどの脱毛をしているかは、脱毛エステによりけりです。大きな脱毛エステだけで見てみると、ほとんどのケースで光脱毛という種類で脱毛を行なっています。そして光脱毛にもいくつかのタイプがあり、昔から主力となっているのがIPL(インテンス・パルス・ライト)タイプです。黒い毛だけにダメージを与えるタイプの光脱毛で、毛周期に合わせて約2カ月に一回の脱毛で効果が高まります。一部脱毛エステではSSC(スムース・スキン・コントロール)タイプの光脱毛を採用して脱毛をしています。SSCの場合今生えている毛に対して脱毛効果が働くので、毛周期に関係なく通えて効果がでるのが早いです。ジェルを塗ってから光を照射するので肌に負担がかからないのもメリットの一つです。最近はSHR(スーパー・ヘア・リムーバル)タイプの光脱毛も一部脱毛エステで登場しています。これはバジル領域に達する光を照射して脱毛を促すタイプの脱毛で、新しい光脱毛として注目を浴びています。IPLタイプやSSCタイプの場合は効果があるのは黒い毛だけですが、バジル領域に作用するSHRタイプなら白髪にも効果があります。また、SSCタイプと同じように現在生えている毛に対して作用するので、2週間に一度のペースで通って脱毛ができます。さらに肌への負担が限りなく少なく、従来の光脱毛と比較すると照射した時の痛みがないというのもSHRタイプの嬉しい魅力です。

Copyright© 2019 医療脱毛とは違う脱毛エステの施術の特徴とは All Rights Reserved.